明治時代に始まった液墨(墨汁)は当初、学童用や工業用途として発展してきました。そのため、表現性や表具性が乏しなどの問題も抱えていましたが、近年は技術力の向上により、墨芸の専門家が使用する芸術用途の墨液が作られるようになりました。
磨墨の手間がないという簡便さよりも、一定濃度で制作を続けられるメリットや、磨って使う固形墨では作り出せない濃度に由来する墨液の「コク」や「色調」を魅力となっています。
表示切替: 並び順: 在庫:
11件中1件~11件を表示
11件中1件~11件を表示

 

カレンダー
  • 今日
  • 出荷業務/問合せ対応をお休みします

[問合せ対応/発送業務] 平日12:00~17:00

ページトップへ